味とおもてなしへのこだわり

仙台市青葉区国分町。
天ぷら専門店「てんぷら先斗町(ぽんとちょう)」は、
地下鉄南北線「広瀬通駅」、「勾当台公園駅」からすぐのホテルグランテラス地下1階にございます。
和食一筋に修業を重ねてきた店主は、天ぷらの奥深さに魅了され、2012年に当店を構えました。
旬の食材や季節感はもちろん、油や塩、揚げる温度や衣などにもこだわっております。
店内には、天ぷらを次々と揚げていく店主の様子を眺められるカウンター席のほか、
接待にも最適な完全個室をご用意。
お酒も東北6県の日本酒や、ソムリエが選んだ天ぷらに合うワインを取り揃えております。
美味しい天ぷらとお酒の共演を、ごゆっくりとお楽しみください。

天ぷらの美味しさが映える

をそのまま満喫

当店の魚介類はほとんどが東京築地より毎日直送。
抜群の鮮度と高い品質が自慢の食材を仕入れております。
中でも天ぷらの華である車海老は到着後すぐに
店内の生簀へ移し、温度管理を徹底。
揚げる寸前にお客様の前で捌き、ぷりぷりとした食感と
新鮮な美味しさをご堪能いただいております。

車海老

より引き立てる生簀管理

当店では繊細な車海老の美味しさがより一層引き立つよう、
店内に生簀を設け、生きた状態で管理しております。
通常、車海老の管理は25℃程度の水温が理想とされますが、
あえて15℃~16℃に海水温度を設定。海老を冬眠時に
近い状態へと誘導することで、身は痩せず、ぷりぷりとした
車海老ならではの食感をお楽しみいただいております。

天ぷらの魅力についてはこちら

生簀の中の車海老

野菜を仕入れ

当店の野菜は、魚介類と同様、旬の美味しさと
鮮度を大切に仕入れております。地元仙台の
地物野菜を中心に、産地よりも四季折々でいちばん
美味しいと思える食材を全国から取り寄せています。
時に京野菜や加賀野菜などの少し珍しい食材が
入ることもあり、お客様から喜ばれております。

季節限定の魚介が届く

当店の魚介類は、東京築地を中心に、地元市場や
信頼関係のある取引先より厳選の品を直送
いただいております。たとえば、春先は稚鮎の季節。
静岡県や長野県天竜川より直送された稚鮎を
海老とは別の生簀で管理し、
春の息吹を感じられる天ぷらでご提供しております。

味と個性

天ぷらの味と個性の決め手となるのが揚げ油です。
たとえば、東京下町はコクが強く、
色もついた濃いごま油を100%で使用するお店が
多いのが特徴ですが、当店では炒った胡麻を搾った
太香胡麻油と太白胡麻油、そしてコーン油の
3種類を独自に配合。食材の美味しさを
引き出すと共にやさしい食感に仕上げ、
てんぷら先斗町の味と個性を表現いたしております。

器に入った油

衣

より美味なる天ぷらへ

当店では、食材に合わせて衣の濃度を変えております。
粉を溶く際には、全卵を水で溶いて冷やしておいた卵水を使用。
食材の個性や食感を考えて衣の濃さを調整することで、
より美味しい天ぷらに仕上がります。
お客様に最高級の天ぷらをお出しするため、
当店は日々の精進を怠りません。

衣

最後は感覚と経験がモノを言う

天ぷらの衣は、その日その日の温度や湿度、
卵水での溶き方に大きく左右されます。
当店では、こうした気候などのコンディションに
細心の注意を払いながら、長年の経験から培った勘と
感覚を大切にして、食材の美味しさを存分に引き出す
衣をつくり上げております。

卵水で粉を溶いているところ

食材を包み込むように揚げる

天ぷらの美味しさは、食材を油に入れた瞬間に決まってしまいます。
当店では毎日油を入れ替え、油が疲れてきたと感じたら、
注ぎ足すことで変わらぬ味を堅持。店主は油と語り合いながら、
いちばん美味しいと自負する状態でご提供しております。

店主プロフィール

オーナー様

店主である千葉竜太は、1977年、宮城生まれ。
幼い頃より料理が好きだったこともあり、高校卒業後は
仙台の調理専門学校へ進学。
その後、上京して東京・元赤坂にある「青山荘」にて
8年間におよぶ修業を重ね、天ぷらはもとより鉄板焼きや
日本料理の基礎を習得いたしました。
修業後は仙台へ戻り、名店「三太郎」での3年間を経て独立。
「てんぷら先斗町」のオーナー兼料理人として
日々腕を振るっております。

おすすめのコース料理はこちら

最上部へ